リラックスさせない悪霊のアイマスク

作るのに苦労したわりには、見た目が悪すぎてヒンシュクをかいそうな残念な作品ができました。

そもそもは、悪霊の仮面をもとにした「悪霊のお面」というアイテムを紙で作ろうとしてたんです。
試作段階から周りの評判が悪いこと悪いこと。
「きもちわるい」「不気味」「家の中に置いておかないで」
大不評の嵐。

確かに見た目は怖いけど、作りたくなるデザインなんだよー。
なんかこう、もうちょっと役に立つ(?)機能的な(?)アイテムだったらきっとみんな欲しがってくれるはず!!

そんなことなかった!

できあがり
拡大
参考

実用的なアイマスクに仕上げてみたものの、装備している本人だけはリラックスできるけれど周囲に無駄な緊張感を与え続ける攻撃的な一品になりました。
ちなみにハロウィンはまったく意識してません。

作りたい人はいないと思うので、作り方はざっくりざっくり。

材料

材料
  • 表用の布(白または白系)
  • 裏用の布(目元に触れるので、ガーゼ素材などの肌ざわりのやさしいもの)
  • キルト芯(100均)
  • ゴム(帽子用のゴムを使いました。100均)
  • ふちどりテープ(すそあげテープで代用。100均)
  • アイロン転写シート(布に転写できてお手持ちのプリンターに対応したもの)
  • 黒いフェルト(すこし手を加えたい場合。100均)

つくりかた

転写する
表用の布に悪霊の仮面をアイロンで念写転写
転写シートの説明書をよく読んでね。
無駄に刺繍
仮面の黒いラインは刺繍ミシン(必殺技てきなやつです)で入れました。
手でやると激しく面倒なので転写だけでOK
余裕があれば黒いラインの形にフェルトを切り抜いて貼り付けると立体感がでます。
縫う
表用の布と裏用の布を中表にして縫う
帽子用のゴムを左右の端に縫い込み、残りは縫ったり切ったりしないようまとめて中央に留めておく
あとでひっくり返すので一部縫わずに返し口をあけておく
切り落とす
縫い代を1センチくらい残し、端を切り落とす

仕上がりサイズにカットしたキルト芯を表と裏にあてる
(手芸用の両面接着シートなどで留めておくと、ひっくり返すときズレないのでラクです)

裏返す
外側に表面がくるように、返し口からひっくり返す
角は箸などの細い棒を使ってしっかり裏返す
仕上げ
残しておいた返し口を縫い止め
縁にぐるりとふちどりテープを縫い付ける
(アイロンでつけられるすそあげテープを使用して、上からミシンをかけました)

できあがり

できあがり

反省点

裏側
布地に慣れていなくて角がだいぶまろやかになってしまいました。かなりデフォルメぎみに作ったほうがよかった。
ふちどりは(めんどくさかったので)すそあげテープで代用したのですが、幅が大きすぎたのでその分をぜんぶ裏側にまわしてアンバランスに。
めんどくさがらずにバイアステープ作ったほうが綺麗だったかもしれません。

とはいえ、使用は快適です。
ご旅行の際など、乗り物で大活躍すること間違いありません。
ぜひみなさんも作ってみてくださいね☆
(使用によって生ずるいかなるトラブルもけだまおにぎりは責任を負いかねます!)

海外の方向け 無断転載禁止バナー

hormon_ucchili にコメントする コメントをキャンセル

画像を添付できます。(JPGのみ)